MENUCLOSE

Membership 会員

Membership

APPPI is seeking APPPI Supporting Members.  (Membership Application)

1. Types of Membership:

  • Individual
  • Local Government Bodies
  • Corporate (Japanese)
  • Corporate (Overseas)
  • Local Government Bodies/University Research Staff (Overseas)

2. Benefits of Members:

Individual  【Annual Fee: 50,000JPY】
 

1)Workshop

Individual members are eligible to attend APPPI's workshops, in which APPPI researchers will provide the members with information on PPP frameworks, legislatures and projects in Asia. The workshops will be held 4 times a year.

2)Participation in Researches

Individual members are eligible to participate in APPPI's research activities on PPP-related issues in Asia, which are conducted in collaboration with other overseas universities, institutes and government bodies.

3)Project Analysis/Evaluation

A detailed analysis of past cases of typical PPP projects will be available on APPPI's websites. These analyses include how to prepare winning proposals, good contents of proposals, contract selection process in PPP projects and so forth. APPPI's target is to carry out more than 6 cases of the analysis in a year.
Local Government Bodies  【Annual Fee: 100,000JPY】
 

In addition to the benefits of aforementioned 1) and 2) of the individual members, a maximum of 2 persons are eligible to participate in APPPI's research activities.

Corporate (Japanese)  【Annual Fee: 200,000JPY】

In addition to the benefits of aforementioned 1) and 2) of the individual members, a maximum of 2 persons are eligible to participate in APPPI's research activities. Besides, members are entitled to participate in the following activities:

1)Project Finding Lecture

Corporate members are eligible to attend APPPI's lectures on information and data of prospective PPP projects across Asia, including project sectors, project types, and how to approach such future projects.

2)Technical Assistance

Corporate members aiming to join actual PPP projects in Asia are eligible to ask for technical advices and consultation from APPPI. It should be noted that for this service, extra fees will be charged apart from the annual membership fees.

Corporate (Overseas)  【Annual Fee: 950USD】
 

1)Participation in Short-Term PPP Seminars

A maximum of 5 persons from each overseas corporate members are eligible to attend APPPI's short-term PPP seminar courses held at the request of/in collaboration with other overseas universities, institutes and local government bodies. In addition, overseas corporate members are entitled to propose that APPPI hold such seminar courses if needed.

2)Participation in Researches

Overseas corporate members are eligible to join Regional Development Support Programme (RDSP) conducted in their own countries, at the request of/in collaboration with other overseas universities, institutes and local government bodies, as a member of research team of the programme.

Local Government Bodies/University Research Staff (Overseas)  【Annual Fee: 450USD】

In addition to the benefits of aforementioned 1) and 2) of the Corporate (Overseas) members, a maximum of 2 persons are eligible to participate in APPPI's research activities. Besides, members are eligible to set out proposals on PPP-related projects at a regional or national level of their countries and conduct joint researches with APPPI. 

※ In case of participation in APPPI membership in the middle of Japan's fiscal year (April to next March), annual membership fees will be divided by 12 months and the fees from the month of the membership participation up to March of the year will be incurred.

3. Applications and Details:

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

アジアPPP研究所では、以下の通り、会員を募集しています。

 

【会員の種別】

個人会員
自治体会員
法人会員(国内) ※法人会員は、民間企業、公的機関等を含みます。
海外法人会員
海外自治体・大学会員

【会員の特典】

個人会員  【賛助金 5万円】
 

1)ワークショップ

研究所が主催し、研究員、客員研究員等がアジアのPPP政策、プロジェクト等に関する情報を講義する。年4回開催を予定。

2)研究等への参加

研究所が他国の大学、研究機関、自治体等との協力、または委託を受けて行う研究に、研究協力者として参加することができる。

3)プロジェクト分析評価

過去の代表的なPPPプロジェクト事例の詳細な分析、落札者選定過程、提案内容、プロジェクトの成功・失敗要因の分析等をオンラインで閲覧することができる。年6件以上の実施を予定。
自治体会員  【賛助金 10万円】
 

個人会員1)及び2)の特典に、会員当たり最大2人が参加することができる。

法人会員  【賛助金 20万円】

個人会員1)及び2)の特典に、会員当たり最大2人が参加することができる。これに加え、以下の活動に参加する権利を有する。

1)プロジェクトファインディングレクチャー

アジア各国の今後予想されるPPPプロジェクトの分野、具体的プロジェクト及びプロジェクトへのアプローチ等に関するレクチャーを行う。

2)テクニカル・アシスタンス

実際のプロジェクトに参画する場合、必要に応じて実践的アドバイス・コンサルティングを受けることができる。必要に応じて経費を徴収する。

海外法人会員  【賛助金 950USD】
 

1)短期セミナーへの参加

研究所が他国の大学、研究機関、自治体等からの依頼を受けて会員の自国で実施する海外短期セミナーに、会員当たり最大5人が参加できる。また、研究所に対し、短期セミナーの開催を提案することができる。

2)研究等への参加

研究所が他国の大学、研究機関、自治体等との協力又は委託を受けて会員の自国で実施する地域再生支援プログラムに研究協力者として参加することができる。

海外自治体・大学会員  【賛助金 450USD】
海外法人会員1)及び2)の特典に、会員当たり最大2人が参加することができる。また、研究所に対し、当該会員の関係する国、地域等に関する研究を提案し、共同研究等を行うことができる。

※年度(4月~翌3月)の途中から活動に参加される場合、賛助金は月割にて承ります(千円未満切り捨て)

 

【関連資料】

会員にお申し込みになる際は、以下の資料をあらかじめご覧ください。

東洋大学アジアPPP研究所規程 [PDFファイル/97KB]

東洋大学アジアPPP研究所賛助会員に関する要項  [PDFファイル/77KB](2016年4月1日改定) 

【お申し込み】

以下の申し込み用紙をダウンロードし、ご記入・押印のうえ、下記住所宛にお送り下さい。
※賛助金は会計年度単位とし、年度途中から入会する際には、月割り(千円未満切り捨て)にて計算します。

APPPI賛助会員申込用紙(新規)[Wordファイル/38KB]

APPPI賛助会員申込用紙(継続)[Wordファイル/38KB]

【退会】

退会される場合は以下の退会届をご記入・押印のうえ、下記住所宛てにお送り下さい。

APPPI退会届 [Wordファイル/39KB]

【送付先】

〒100-0004

東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル1階

東洋大学大手町サテライト(アジアPPP研究所事務局)


【過去の資料】

現時点での会員に関する考え方は、2011年12月1日の説明会資料 [PDFファイル/417KB]をご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)