ページの先頭です。

会員

英語ページへのリンク

アジアPPP研究所では、以下の通り、会員を募集しています。

 

【会員の種別】

個人会員
自治体会員
法人会員(国内) ※法人会員は、民間企業、公的機関等を含みます。
海外法人会員
海外自治体・大学会員

【会員の特典】

個人会員  【賛助金 5万円】
 

1)ワークショップ

研究所が主催し、研究員、客員研究員等がアジアのPPP政策、プロジェクト等に関する情報を講義する。年4回開催を予定。

2)研究等への参加

研究所が他国の大学、研究機関、自治体等との協力、または委託を受けて行う研究に、研究協力者として参加することができる。

3)プロジェクト分析評価

過去の代表的なPPPプロジェクト事例の詳細な分析、落札者選定過程、提案内容、プロジェクトの成功・失敗要因の分析等をオンラインで閲覧することができる。年6件以上の実施を予定。
自治体会員  【賛助金 10万円】
 

個人会員1)及び2)の特典に、会員当たり最大2人が参加することができる。

法人会員  【賛助金 20万円】

個人会員1)及び2)の特典に、会員当たり最大2人が参加することができる。これに加え、以下の活動に参加する権利を有する。

1)プロジェクトファインディングレクチャー

アジア各国の今後予想されるPPPプロジェクトの分野、具体的プロジェクト及びプロジェクトへのアプローチ等に関するレクチャーを行う。

2)テクニカル・アシスタンス

実際のプロジェクトに参画する場合、必要に応じて実践的アドバイス・コンサルティングを受けることができる。必要に応じて経費を徴収する。

海外法人会員  【賛助金 950USD】
 

1)短期セミナーへの参加

研究所が他国の大学、研究機関、自治体等からの依頼を受けて会員の自国で実施する海外短期セミナーに、会員当たり最大5人が参加できる。また、研究所に対し、短期セミナーの開催を提案することができる。

2)研究等への参加

研究所が他国の大学、研究機関、自治体等との協力又は委託を受けて会員の自国で実施する地域再生支援プログラムに研究協力者として参加することができる。

海外自治体・大学会員  【賛助金 450USD】
海外法人会員1)及び2)の特典に、会員当たり最大2人が参加することができる。また、研究所に対し、当該会員の関係する国、地域等に関する研究を提案し、共同研究等を行うことができる。

※年度(4月~翌3月)の途中から活動に参加される場合、賛助金は月割にて承ります(千円未満切り捨て)

 

【関連資料】

会員にお申し込みになる際は、以下の資料をあらかじめご覧ください。

東洋大学アジアPPP研究所規程 [PDFファイル/97KB]

東洋大学アジアPPP研究所賛助会員に関する要項  [PDFファイル/77KB](2016年4月1日改定) 

【お申し込み】

以下の申し込み用紙をダウンロードし、ご記入・押印のうえ、下記住所宛にお送り下さい。
※賛助金は会計年度単位とし、年度途中から入会する際には、月割り(千円未満切り捨て)にて計算します。

APPPI賛助会員申込用紙(新規)[Wordファイル/38KB]

APPPI賛助会員申込用紙(継続)[Wordファイル/38KB]

【退会】

退会される場合は以下の退会届をご記入・押印のうえ、下記住所宛てにお送り下さい。

APPPI退会届 [Wordファイル/39KB]

【送付先】

〒100-0004

東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル1階

東洋大学大手町サテライト(アジアPPP研究所事務局)


【過去の資料】

現時点での会員に関する考え方は、2011年12月1日の説明会資料 [PDFファイル/417KB]をご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)