ページの先頭です。
  1. トップページ >
  2. 研究活動・社会貢献 >
  3. 研究所・センター >
  4. アジアPPP研究所 >
  5. JICA政策提言研究第3回現地調査の実施

JICA政策提言研究第3回現地調査の実施

英語ページへのリンク

JICA政策提言研究:第3回現地調査の実施

JICA政策提言研究は、東洋大学とJICAとの間の3年間の政策提言研究に関する契約(2016年8月-2019年3月)に基づき、インドネシア国の地方自治体におけるPPP案件の推進に必要なボトルネックの抽出・改善と関係者の能力強化を通じて、同国の地方自治体におけるPPP推進のために必要な諸点について政策提言を行うもので、2016年8月28日~9月4日にかけて第1回調査、2017年2月28日-3月8日にかけて第2回調査を行いました。これらの現地調査を通じていくつかの地方自治体を訪問した結果、東ジャワ州シドアルジョ県における2件のPPP案件(県立病院の建設及び合同庁舎の建設)のフォローと側面支援を行うことを通じて、地方政府レベルにおけるPPP促進の在り方について研究を進めていくこととなりました。

今回は、2017年9月3日~12日にかけて第3回現地調査を実施しました。まずシドアルジョ県を訪問しクリアン病院事業に関して意見交換を行いました。我々としては官と民の役割及びリスク分担について細かく知りたいと思ったのですが、全てはPT. SMIに任せており良く分からないとの回答でした。ただ、シドアルジョ県保健部署としては、医師や看護師などの医療スタッフは政府職員として雇用したいとの希望を確認しました。

2日目は現地民間企業を訪問し、PPP事業に関しての関心や参入障壁などに関して話を伺いました。民間企業としてはPPP事業に興味を示してはいたものの、政府に対しての不満の声も聴かれました。一番の問題は土地収用に関する課題で、長期間で複雑なシステムが問題になっているとのことでした。このほかの課題としては、建設に関して取得しなければならない許可の多さや、官民でのリスク分担、PPP事業の終了時の引き渡し条件などに関して民間として不安材料としてあることがわかりました。

3日目は、スラバヤ商工会議所を訪問しました。同時にスラバヤで民間病院を経営し、別の民間病院を建設したいという経営者とも面会しました。彼の場合、PPP事業は公共工事に比べて時間がかかりプロセスも複雑であることからあまりいい印象を持っていなかった。午後にはシドアルジョ県公共事業部門を訪問し合同庁舎事業に関しての詳細を聞いた。東洋大学としては、合同庁舎事業に関して「ソフトPPP」の活用を提案しました。(東洋大学PPPスクールでは、各国のPPP制度に従って行うPPP事業を「ハードPPP」、法制度上ではPPPの枠にはまらないものの、官民連携によって行われるPPP事業のことを「ソフトPPP」と呼びます)

4日目は、ジャカルタでPT SMIとIIGFを訪問しシドアルジョ県での面談の報告を行いました。また、JICAの技プロであるKPPIP-FSを訪問しメダン公立病院の修繕と拡大のPPP事業支援に関してのお話を伺いました。メダン病院の場合は既存の病院の改修でありクリアン病院とは状況は異なるものの、多くの参考となる情報が得られました。

picture 1picture 2

> Research on JICA Policy Recommendations: The 3rd Field Visit to Indonsia 

We conducted the 3rd field visit to Indonesia from 3rd to 12th September, 2017. First we visited the Sidoarjo Regency to discuss the Krian hospital project. We intended to find out about service and risk allocations between private and public sectors. However, officers explained that everything was prepared under PT SMI, not themselves. We found out that the health department of the Sidoarjo Regency wished that the medical staff were hired as government officers.

On the 2nd day, we visited several private companies, such as Gedung/WIKA, Suncity and Kahuripan Nirwana. They showed an interest in the PPP project in principal and some had positive attitudes in participating in them. Nevertheless, private sectors had some criticism toward the government. One of the major impediments was a land acquisition. The long term, complex formalities were causing concerns for private investors. Another challenge was that they needed to acquire a lot of permission to construct something. Besides these, distribution of interests, risk allocation, exit mechanism also caused concerns in the case of the PPP project.

On the 3rd day, we visited the Chamber of Commerce in Surabaya. There we interviewed an owner of a hospital who wished to construct another private hospital. In his case, he showed skepticism regarding PPP as it took longer in terms of time and many processes for initiating a project compared with general public work. In the afternoon, we visited the public work department of the Sidoarjo Regency to find out about the details of the government office consolidation project. We introduced the possibility of applying "Soft PPP" for the project. Based on this meeting, we agreed to invite officers from Sidoarjo for PPP training and to do site visits in Japan. (In Toyo PPP School, PPP projects which follow PPP laws and regulations in each country are called “Hard PPP”, while PPP projects which do not apply under PPP laws but use a wider cooperation of the public and private sectors are called “Soft PPP”)

On the 4th day, we visited PT SMI and IIGF in Jakarta to report our meetings in Sidoarjo. In addition, we visited KPPIP-FS to learn about their experiences with rehabilitation and the expansion plan of Medan public hospital. Though it is a brownfield PPP project and situation is quite different, we obtained some fruitful insights from their experiences.

On the 5th day, we visited BAPPENAS, the Ministry of Finance and JICA Indonesia office. In addition we visited Siloan private hospital, which is run by the Lippo group. It runs a BPJS hospital for patients using the national insurance system called “BPJS” next to their private hospital buildings, which focused on the patients that have private medical insurance. This visit also gave us a different perspective of how to manage a hospital using BPJS while maximizing the capacity of private sectors.