ページの先頭です。
  1. トップページ >
  2. 研究活動・社会貢献 >
  3. 研究所・センター >
  4. アジアPPP研究所 >
  5. JICA政策提言研究に係る第4回現地調査の実施

JICA政策提言研究に係る第4回現地調査の実施

英語ページへのリンク

JICA政策提言研究:第4回現地調査の実施

JICA政策提言研究は、東洋大学とJICAとの3年間(2016年8月~2019年3月)の契約に基づき、インドネシア国の地方自治体におけるPPP案件の推進に必要なボトルネックの抽出・改善と関係者の能力強化を通じて、地方自治体におけるPPP推進のために必要な諸点について、政策提言を行うことを目的としています。現在東ジャワ州シドアルジョ県における2件のPPP案件(県立病院の建設及び合同庁舎の建設)のフォローと側面支援を行っており、今回は2018年2月18日~24日にかけて第4回現地調査を実施しました。

 シドアルジョ県ではまず、現在運営が行われている県東部にある県立病院を訪問しました。この病院はAクラスの施設規模を有するBクラスの県立病院で、東ジャワの伝統と緑を取り入れる「グリーンポスピタル」として、民間企業との提携など公立病院として先進的な取組をしていることから保健省など様々な機関から表彰されているとのことでした。公立病院ではBJPS(国民皆保険)患者を受け入れる割合が規定されており、2018年2月現在85%と設定されているそうですが、BPJSの医療報酬は低く設定されているため、民間企業との協力(MOUを締結し機器を導入してもらい、試薬を購入する形態)や「カイゼン」運動などで経営改善に努力しているとの説明でした。病院として誇りをもって様々な取り組みをして成果をされていることがわかり、現在建設が予定されているクリアン県立病院にもこの病院での取り組みが活かされることが期待されます。

 午後からはシドアルジョ県公共事業部門と面談を行い、合同庁舎建設案について意見交換を行いました。面談では50憶円余りの建設費の積算根拠が判明したほか、今後デザインコンペを行い設計詳細を詰めていくこと、その後DBの競争入札を行う予定であることなどを伺いました。東京豊島区や渋谷区役所の様に跡地活用と新庁舎建設を1つの案件として行うことはインドネシアの現行制度上困難であることが分かったため、跡地活用は公共施設の利活用として一般会計に庁舎建設・運営に必要な費用を歳入として取り込み、それを予算として合同庁舎建設を通常の公共事業として行うことを模索していければと考えています。今後の制度改正およびPRE事業と複合化したPPP手法の研究は今後の課題として余地は残しつつも、東洋大学からは空き部署となるものをすべて民間に提示し、その中で民間に複数の使いたい土地を提示させて、公共性と不動産の対価の双方を検討し庁舎建設費用をえるのが良いのではないかと提案しました。

 2日目は、クリアン病院建設にかかるFS調査を行ったスラバヤ工科大学(ITS)を訪問し、FS調査で使われた数値の積算根拠などについて話を伺いました。その結果、建築費に関しては積算根拠もしっかりしており、信頼できる数値であることがわかりました。運営費に関しては、医業収支は病院のクラスA~Dによって異なるものの、原則として医薬品と入院や外来(単価)平均で算出していること、日本とは異なり一般的に医薬品収入が一番大きいことを確認しました。運営費における人件費の割合は30~35%程度が一般的であるものの、公立病院では中央政府からの人件費支援(補助金)があるため、私立病院よりも人件費割合が低くなる傾向があるとのお話を伺いました。人件費は今回医師や看護師の雇用も含めてSPCが担う形態となったため、FS調査の数値が適用できない可能性が高いと考えられます。

 2日目の午後は、シドアルジョ県議会議員に対してPPPの研修を行いました。研修では、東洋大学PPPスクールとPPP概要について、合同庁舎建設への参考事例としてフランス大使館や豊島区役所などの事例解説、日本での病院PPP概要説明を行いました。参加した6名ほどの議員からはPPPの必要性や利点に理解が示されたうえで、公共資産活用に関しては、民間が使用するに際しても「公共性」への留意が必要との見解が示されました。

 3日目はクリアン病院のマーケットサウンディングにオブザーバー参加しました。投資家や金融機関など約20名ほどの参加がありました。シドアルジョ県開発局(BAPPEDA)及びシドアルジョ県からコンサルティングを請け負っているSMIから案件の概要について説明が行われ、質疑応答がありました。参加者からは10年という契約期間は短いと考えられるので15~20年ほど必要といった意見や、患者数の予測を上回ったり下回ったりするリスク負担に関する質問が出され、収入増減リスクも考慮に入れた提案書の提出が望まれることが説明されました。今後3月から競争入札準備(テンダープロセス)が開始され、事前資格審査を経て、提案書の受付・審査を行ったのち、2018年9月末をめどに落札者の決定を行うとのスケジュールが発表されました。今後入札段階では情報の秘匿性が高くなることから、案件への側面支援は困難となりますが、案件の経緯をフォローしつつ将来のPPP案件の策定に向けた政策提言につなげていきたいと思います。

 3日目の午後は当初マーケットサウンディングの参加者及びシドアルジョ県職員双方に対して、PPP地域プラットフォームに関するプレゼンを行うことを予定していましたが、午前中に行われたマーケットヒヤリングを観察した結果困難と判断されたため、県職員のみへのプレゼンとなりました。また、内容についても前日行ったような基礎的なPPP研修から始めてほしいとの要請があり、そのように変更して実施しました。

 4日目と5日目は首都ジャカルタに移動し、財務省、IIGF、SMIなどの中央政府機関と面談を行ったほか、内務省を表敬訪問しアベイラビリティペイメントの承認プロセスに関して聞き取りを行いました。また、JICAインドネシア事務所を訪問し今回の現地調査の報告と今後の方向性について意見交換を行いました。

Sidoarjo general hospitalPPP seminar to MPs in Sidoarjo

> Research on JICA Policy Recommendations: The 4th Field Visit to Indonsia 

We conducted the 4th field visit to Indonesia from 18th to 24th February, 2018. First we visited the Sidoarjo general hospital which is operational in the east side of the Sidoarjo Regency. It is a class B public hospital. It is recognized as a “green hospital”, which introduces the tradition of East Java and green nature as a hospital concept. It obtains several awards from the Ministry of Health and other institutions as it has advanced activities as a public hospital, such as making MOUs with the private companies.

In public hospitals in Indonesia, the ratio of revenue from BPJS patients is regulated as 85% as of February 2018. The medical fee in BPJS is rated low, therefore the Sidoarjo general hospital makes MOUs with the several private companies to reduce the initial costs of introducing medical equipment and introduces Toyota’s “Kaizen” program to improve the business conditions. We observed that officers in the Sidoarjo general hospital are proud of their work and activities. These kinds of initiatives could be also introduced in the Kurian hospital project.

In the afternoon, we had discussions with Sidoarjo Public Works Department on the government office consolidation project. In the meeting, the calculation background of construction cost was shared. They also shared the information that the Sidoarjo Regency plans to have design competition and DB (Design-Build) competitive bidding in the near future. It seemed to be difficult for the Sidoarjo Regency to make one comprehensive PPP project by combining both reuse of former government offices and the construction of new government office under the current laws and regulations. Therefore we recommended the Sidoarjo Regency that they promote the utilization of Public Real Estates (PRE) to earn the necessary budget for the government office consolidation project. In this line, we also insisted the importance that information of all the government offices and land needs to be disclosed to the private sector. So that the Sidoarjo Regency can analyze their proposals from the points of public nature and profitability.

 On the 2nd day, we visited ITS (Institut Teknologi Sepuluh) to find out the calculation background used in the FS report for the Kurian hospital project. As a result, we felt confidence in construction cost. On management cost, despite of the fact that medical revenue and expenditure is different based on the class of hospitals from A to D, it is calculated based on the average cost per patient used for medicines, inpatient and outpatient operations in principal. In Indonesia, the revenue from medicines has the majority of revenues. The ratio of human resource cost in management cost is about 30-35% in general in Indonesia. However, human resource cost is normally lower in public hospitals, compared with private hospitals, as they obtain subsidies from the central government for the salaries on doctors and nurses. In the Kurian hospital project, SPC has to cover the cost for the entire human resource cost, including doctors and nurses, the calculations in FS report cannot be applied.

In the afternoon on the 2nd day, we conducted a PPP seminar for Sidoarjo Members of Parliament (MPs). In the seminar, we explained about PPP outline and hospital PFI experience in Japan. We also introduced PPP projects of French Embassy in Tokyo and Toshima-ku government office as examples for the government office consolidation project. Six MPs who participated the seminar showed the understanding and the needs of applying PPP. They also expressed the necessity of “public nature” in PRE projects.

On the 3rd day, we observed the 3rd Kurian Hospital Project Market Sounding. There were about 20 participants from investors and financial institutions. BAPPEDA (Regional body for planning and development) and SMI which is contracted as a consultant by the Sidoarjo Regency made presentations and had Q&A sessions. Some participants made a request for expanding the contract term up to 15-20 years, instead of 10 years. Some also made a question about demand risk of incoming number of patients and SMI responded that they expected the proposals are prepared including the demand risk. At the end, the upcoming schedules were shared; tender process starts from March 2018 and the successful bidder will be announced by the end of September 2018. Information confidentiality is enhanced when the tender process is initiated. It might be difficult for us to make recommendations on the Kurian hospital project itself. Therefore we rather focus on policy recommendations for the future PPP projects by following the Kurian hospital project proceedings.

In the afternoon of the 3rd day, we conducted another PPP seminar for the Sidarjo Regency staff. Initially the presentation on PPP regional platform from the experience of Japan to both participants of the Kurian hospital project market sounding and the Sidoarjo Regency staff. However, after observing the proceeding of the market sounding, it was difficult to conduct such presentation, therefore we changed the subject and conducted a basic PPP seminar to the Sidoarjo Regency staff only.

On the 4th and 5th day, we had the follow up meetings with central government institutions, including the Ministry of Finance, IIGF and SMI. In addition, we visited the Ministry of Home Affairs to find out AP (Availability Payment) approval scheme. In JICA Indonesia office, we made a brief reporting on the 4th field trip and exchanged the ideas for the future researches.