ページの先頭です。
  1. トップページ >
  2. 研究活動・社会貢献 >
  3. 研究所・センター >
  4. アジアPPP研究所 >
  5. JICA政策提言に係るインドネシア政府職員へのPPP訪日研修実施

JICA政策提言に係るインドネシア政府職員へのPPP訪日研修実施

英語ページへのリンク

JICA政策提言研究:インドネシア政府職員へのPPP訪日研修を実施

JICA政策提言研究は、東洋大学とJICAとの3年間(2016年8月~2019年3月)の契約に基づき、インドネシア国の地方自治体におけるPPP案件の推進に必要なボトルネックの抽出・改善と関係者の能力強化を通じて、地方自治体におけるPPP推進のために必要な諸点について、政策提言を行うことを目的としています。これまで3回の現地調査を行い、東ジャワ州シドアルジョ県での公立病院建設と合同庁舎建設計画の2つのPPP事業の立案支援を行っています。

これに関連して、シドアルジョ県から日本の病院及び政府庁舎のPPP事例を視察したいとの要請を受け、2017年12月12~15日にかけて4日間の研修を行い、シドアルジョ県知事を始め県職員5名、シドアルジョ県県議会から5名、インドネシア中央政府(財務省、IIGF及びSMI)から8名の計18名が参加しました。

初日はシドアルジョ県での公立病院建設と合同庁舎建設の2つのPPP事業計画につき、計画案の確認や進捗状況・課題などを整理したほか、日本における病院PFI事業及びPPPのストラクチャリングについて講義を受けました。2-3日目はPPP現地視察として、豊島区役所、神奈川県平塚病院を中核とする複合開発、東京都多摩医療センターを訪問しました。

豊島区の旧庁舎跡で現在進行している再開発事業説明では、実際どのようなスケジュールで業者選定を行いその入札の選定に係るプロポーザルの採点方法など、実際にPPP事業を行うのに必要な多くの情報を頂きました。インドネシア政府関係者の皆さんは、それぞれの工程で多くの時間が費やされ準備されていることに驚かれているようでした。

平塚病院の視察では、当該病院はシドアルジョ県が建設を計画しているのと同じ規模の病院であること、病院を中心とした複合開発であることなどから、平塚病院は公立病院ではないものの、参考になる多くの情報を頂けました。日本でも東京から1時間離れてしまうと医師の確保が困難であり、医師の確保のため様々な努力をされていることや、近接する商業施設と建設以前から様々な調整・協力を行ってきたことなどを聞き、参加者から多くの質問が寄せられました。

多摩医療センターは日本で4番目に大きな病院ということでその規模に圧倒されました。病院PFI運営ではこれまでの他病院運営からの教訓を生かし、様々な試行錯誤を重ねながら総合的な病院マネジメントを、SPCが東京都と一緒になって行っていることが良く理解できました。病院という様々な多くの要素を持つ部署それぞれに対して、細やかな配慮や気配りを行いながら、運営をする必要があることが良く分かりました。また、PPP事業の契約におけるリスク分担や、インセンティブとペナルティの仕組みについて考えされられることが多くありました。

最終日はこれまでに学び視察した内容を基にシドアルジョ県での公立病院建設と合同庁舎建設計画の2つのPPP事業の在り方や進め方について協議しました。双方の案件共まだまだ多く研究しなければならない課題は多いですが、シドアルジョ県県議会議長から、次回訪問時に議会においてPPPの研修をしてほしいという要請が上がるなど、シドアルジョ県ならびにインドネシア政府としてPPPを進めていきたいという意欲と決意を見ることが出来ました。東洋大学としても彼らの活動を引き続き側面支援していきたいと思います。

PPP lecture 12th DecHitatsukaTamaToshima

>PPP Seminar & Site Visit for the government officials from Indnesia, in Tokyo Japan

Research on JICA Policy Recommendations“Promoting PPP in Local Government in Indonesia” aims to make policy recommendations for promoting PPP projects in local government in Indonesia, based on the three year agreement between Toyo University and JICA (August 2016-July 2019), through identifying and removing bottlenecks to implementing local government PPP, and enhancing the scope of capabilities of the parties involved in the projects. Toyo PPP School visited Indonesia 3 times so far to assist PPP project planning at Sidoarjo Regency, particularly for a public hospital construction project and consolidation plan of government offices.

In this regard, Toyo PPP School conducted a 4 day PPP seminar and site visits in Tokyo, Japan between 12th and 15th December 2017, based on the request from Sidoarjo Regency. A total of 18 participants from Indonesia (10 from Sidoarjo Regency, including the Regent, 8 from Ministry of Finance, IIGF and SMI) participated to the training.

On the 1st day, the project plans and current status / progresses had been shared on public hospital construction project and consolidation plan of government offices. Then lectures on hospital PFI and PPP structuring were held. On 2nd and 3rd day, participants visited Toshima-ku local government office, Hiratuka Hospital and Tama Medical Hospital for PPP site visits.

At Toshima-ku local government office, the participants showed the great interest on the selection process of construction company and proposal scoring methods in a PPP project. It seemed that the participants were surprised at the amount of time and effort required for its preparation.  

Hiratsuka Hospital is a private hospital. However, it aims to serve to the Hiratsuka residents by putting special efforts on emergency response services. In addition, it is built as the core facility of mixed use development of the area. Its efforts of employing medical doctors under difficulties and cooperation with neighboring commercial facilities provided many insights to the participants.

Tama Medical Centre is the 4th biggest hospital in Japan. All the participants were surprised at the massive size of the hospital. From the explanation by SPC, the participants well understood that comprehensive hospital management was well organized by SPC under the close cooperation with Tokyo Metropolitan Government by setting up 24/7 calling center system for hospital staff and monthly management monitoring system and committee meetings. It also provided many insights on how to divide risk allocation and how to establish an effective mechanism of penalties and incentives in its contracts.  

On the last day, the participants discussed the project structures and way forward for above 2 projects, based on the findings from lectures and site visits. Although there are still many issues and challenges ahead, Toyo PPP School believed that this training could have been an eye opener for main PPP players how to deliver the effective PPP projects in Indonesia.