ページの先頭です。
  1. トップページ >
  2. 研究活動・社会貢献 >
  3. 研究所・センター >
  4. アジアPPP研究所 >
  5. 中国青海省職員向けのPPPセミナーを実施

中国青海省職員向けのPPPセミナーを実施

英語ページへのリンク

 中国青海省職員向けのPPPセミナーを実施

2017年7月11日、一般社団法人日中協会様からの依頼により、中国青海省から日本へ民間資金の連携運用に係る研修のため来日している中国青海省18名の財政担当者向けにPPPセミナーを実施しました。

セミナーでは、まず難波准教授から東洋大学におけるPPP分類、日本におけるPPP導入の過程とPFI制度について解説したほか、PPP分類の中から「公共サービス型」と「公共資産活用型」PPPについて事例を用いて説明しました。続いて田渕教授からその他のPPPとして、岩手県紫波町や奈良県養徳学舎の事例、在日ベルギー大使館の事例などを紹介したほか、英国、米国及びフランスにおけるPPP組織概要について説明しました。

セミナーは2時間程度と短時間であったため、質問時間などもあまり確保出来なかったものの、PPPの基本原則・原理はお伝えすることが出来たと思います。参加者の皆さんも熱心に講義に耳を傾けておられました。今後の中国青海省でのPPP事業・制度の発展をお祈りいたします。

>PPP Seminar for the government officials from Qinghai, China in Otemachi, Japan

On 11th of July, 2017, APPPI conducted a PPP seminar for 18 local government officials from Qinghai, China,who visited Japan to study about private fund management in public projects。The seminar was orgaised based on the request from the Japan-China Society.

In the seminar, Associate Prof. Namba from APPPI explained PPP classifications, PPP implementation process as well as systems in Japan. She further clarified “Public Service Type” and “Utilization of Public Assets Type” from PPP classifications through introducing actual case studies. Then Prof. Tabuchi from APPPI introduced some case studies, such as Shiwa town, Belgian Embassy in Tokyo and Yotoku Dormitory of Nara Prefecture to explain some other PPP methods. In addition, he described PPP institutional framework in the US, UK and France.

The seminar was about 2 hours only and we could not hold enough time for Q&A. However, APPPI was able to deliver PPP basic principles and fundamental concept. We wish this seminar introduced some kinds of hints for the development of PPP systems and projects in Qinghai, China.

PPP seminar for  the government officials from Qinghai, Chinappp seminar  the government officials from Qinghai, China2