ページの先頭です。
  1. トップページ >
  2. 研究活動・社会貢献 >
  3. 研究所・センター >
  4. アジアPPP研究所 >
  5. 東洋大学PPP研究センター/APPPIは南アフリカでPPPセミナーを実施しました

東洋大学PPP研究センター/APPPIは南アフリカでPPPセミナーを実施しました

English

東洋大学PPP研究センター/APPPIは南アフリカでPPPセミナーを実施

東洋大学PPP研究センター/アジアPPP研究所(APPPI)は、JICA南アフリカ事務所からの依頼を受け、2017年2月11日~19日まで南アフリカ共和国に出張し、同国政府職員向けにPPPセミナーを実施しました。この現地セミナーは、昨年同国の財務省職員がJICAの研修で東洋大学大手町サテライトに立ち寄り、PPPセミナーを受講し日本における公共施設PPPプロジェクトの視察を行ったことがきっかけとなり、同省のチーフダイレクターから現地でセミナーを実施してほしいとの強い要望を受けて実現しました。

出張旅程の前半は、南アフリカ共和国の行政上の首都であるプレトリアで3日間、中央政府財務省スタッフや現地の大学教員、国際金融機関スタッフ向けにセミナーを実施しました。後半は、立法上の首都であるケープタウンに赴き、西ケープ州財務省職員や同州他職員向けに2日間のPPPセミナーを実施し、セミナー後にそれぞれケーススタディとグループディスカッションを行いました。

プレトリアでは、約50名のスタッフがセミナーに参加しました。セミナー参加者の多くは自身のプロジェクト等を通してPPPに対する深い理解を有していることから、今回のセミナーではPPPのファイナンスやストラクチャー、ガバナンスやリスクアロケーション、契約やパフォーマンス評価、事業モニタリング等のアドバンス分野を中心に講義を行いました。また、先方からの要望を受けて、日本で多くの事例がある公有地活用型のPPP(Soft PPP)に関する講義と事例紹介を中心にセミナーを行いました。レクチャーの後のケーススタディでは、①Tembisaと呼ばれる広大なTownshipの開発案件、②2010年の南アフリカサッカーワールドカップ大会に間に合わせて整備されたPPP高速鉄道案件、③同国初のPPP病院PPP案件におけるケーススタディを基にグループディスカッションを行いました。また、大学スタッフは実際に現地でPPP高速鉄道案件の視察も行いました。

1 1 1

ケープタウンでは、西ケープ州の財務省スタッフを中心に約20名がセミナーに参加しました。こちらもアドバンスレベルのPPPレクチャーを行い、日本におけるSoft PPP事例を紹介しました。2日目のセミナーでは参加者を3グループに分け、①観光地におけるPPP宿泊施設案件、②病院PPP案件、③PPP導入を検討中の医療廃棄物プロジェクトの現状改題についてグループディスカッションを行いました。

セミナーを通して、プレトリア、ケープタウン共に政府職員のPPPに関する知識レベルは高く、南アフリカはPPPに関する政府レベルでの教育普及が非常に進んでいることがわかりました。また、参加者の意識も高く、グループディスカッションを通して、それぞれのケースにおけるレモンからどのようにレモネードを作り出すかについて活発な議論が行われました。セミナーの閉会挨拶では、先方代表から東洋PPPに感謝の意が伝えられ、サム田渕教授より、PPPを活用してアフリカ大陸における将来の経済発展牽引する立場にある南アフリカ共和国政府職員に対して、エールが送られました。

 1 1 1

Toyo University PPP Research Center / APPPI conducted a PPP seminar in South Africa

Toyo University PPP Research Center / Asia PPP Institute (APPPI) traveled to the Republic of South Africa on February 11 – 19, 2017 to implement a PPP seminar for its government officials on request from JICA South Africa Office. The reason the PPP seminar was arranged in South Africa is that some officials from the South African Treasury Department, who had been in Japan for JICA training, had visited Toyo University last year to attend the PPP seminar and inspect the public facility-type PPP project in Japan. The chief director of the Treasury Department who also attended the seminar strongly desired that Toyo University would implement the PPP seminar in South Africa this time.

In the first half of the trip, Toyo PPP held a three-day seminar in Pretoria, the administrative capital of South Africa, for the staff of the Treasury Department in the central government, the local university professors and the staff from the international financial institution. In the second half, Toyo PPP went to Cape Town, the South African legislative capital city, and held a two-day PPP seminar for the staff of the Treasury Department of the Western Cape Province and other officials of the province. The seminar was followed by case studies shown by the seminar participants and group discussions.

1 1 1

In Pretoria, about 50 staff participated in the seminar. Since many of the participants had a deep understanding of PPP through their own projects etc., the seminar focused on advanced fields such as PPP finance, structure, governance, risk allocation, contract, performance evaluation, PPP business monitoring etc. In reaction to requests from the participants, the seminar also covered case studies on public-owned PPP (Soft PPP) since there are many cases of Soft PPP in Japan. In the session subsequent to the lecture centered on case studies in the development project of ①the vast township called Tembisa, ②the PPP high-speed railway project developed in time for the 2010 South Africa Football World Cup, ③the first PPP hospital case in South Africa. The participants were divided in several groups for discussions. Besides, Toyo PPP visited the site of PPP high-speed railway project.

In Cape Town, approximately 20 staff, mainly from the Treasury Department of the Western Cape Province took part in the seminar. The lecture was an advanced PPP level and several cases of Soft PPP in Japan were demonstrated. At the seminar on the second day, participants were divided into 3 groups and group discussions were held on ①PPP accommodation/lodging units in the tourism project, ②PPP hospital project and the medical waste management project for which the introduction of PPP concept is currently being considered.

What has been found out from the seminars is the PPP knowledge level of the government officials was very high in both Pretoria and Cape Town, demonstrating that advanced-level PPP education is well penetrated at a government level in South Africa. Moreover, the participants' awareness on PPP is also very high, evidenced by active group discussions on how to generate “lemonade” from “lemon” in each of the provided case studies.

1 1 1

In the closing remarks of the seminar, the representative of the participants expressed a sense of appreciation to Toyo PPP as a conductor of the seminars. In return, Professor Sam Tabuchi sent cheers to the participants, the South African government officials, who are in positions to lead the future economic development of the African continent through PPP.