ページの先頭です。
  1. トップページ >
  2. 研究活動・社会貢献 >
  3. 研究所・センター >
  4. アジアPPP研究所 >
  5. マレーシア国際イスラム大学のカヘルーディン教授による特別講演会を実施しました

マレーシア国際イスラム大学のカヘルーディン教授による特別講演会を実施しました

English

マレーシア国際イスラム大学(IIUM)のカヘルーディン教授による特別講演会を実施

東洋大学ではAPPPIも協力のもと、マレーシアのマレーシア国際イスラム大学(IIUM)からカヘルーディン教授をお招きし、10月6日に白山キャンパスの8号館教室で特別講演会を実施しました。同大学は1983年に設立された比較的若い公立大学ですが、イスラム教の教義に基づいた教育を敷衍する目的で、APPPIの名誉顧問であり、マレーシア元首相のマハティール閣下のイニシアチブによって設立されました。

カヘルーディン教授は建築土木の積算をご専門とされる公認積算士(Quantity Surveyor)であり、建築調達(Construction Procurement)の分野でイギリスの大学において学士号、修士号及び博士号を取得されました。ご自身の主な学術研究分野は建築積算や建築経済ですが、マレーシアにおける建築市場や公共インフラ事情(PPPによる公共インフラ調達案件も含む)にも精通されています。また、ご自身は敬虔なイスラム教徒でもあります。

講演会では、ご専門の立場からマレーシアの歴史と文化、民族と宗教、一般経済事情に始まり、公共インフラ市場やアジアで急速に拡大するハラル産業まで広く概説していただきました。

講演会には日本の学生を始め、ABEイニシアチブによる南アフリカ共和国、モザンビーク、ナミビアからの留学生の他、マレーシア、ベトナム、中国、インドネシアからの学生も参加し、講義は全て英語で行われました。

参加した学生からは、マレー民族、華人、インド系、アラブ系などの多民族が平和に共存する多民族国家マレーシアに大きな関心が寄せられ、その成り立ちや他民族共存における「インテグレーション」の意義、マレーシアが先進国の仲間入りを果たすために若い世代に求められる役割、マレーシアにおけるイスラム教徒に関する質問などが挙げられ、活発な議論が行われました。

今後、東洋大学はIIUMと協定を結び、来年以降も二校間の教員や学生の交互派遣を通して交流を更に深めていきます。また、APPPIは研究活動の焦点をMVIP国(マレーシア、ベトナム、インドネシア、フィリピン)に合わせており、今後はIIUMと協同でマレーシア開発、日本企業の進出等を進めてゆきます。

   1 1

講演会の案内を以下ダウンロードできます。[PDFファイル/232KB](講演会は既に終了しました)。

Prof. Dr. Khairuddin Abdul Rashid from IIUM conducted a special lecture at Toyo University

Toyo University, in coordination with APPPI, invited Professor Khairuddin from the International Islamic University Malaysia (IIUM), and organized a special lecture at 8th building of Hakusan campus on October 6, 2016. IIUM is a relatively young university, which was founded in 1983 by the initiative of the former Malaysian Prime Minister Tun Dr. Mahathir Mohamad, who is an honorary advisor of APPPI, for the purpose of permeating the education based on Islamic doctrine.

Dr. Khairuddin is a certified quantity surveyor, whose major is quantity surveying of architectural construction and civil works. He earned his Bachelor Degree, Master and PhD in the field of construction procurement from the United Kingdom. While the field of his main academic study is quantity surveying and construction procurement, he is also familiar with construction market and public infrastructure issues in Malaysia including those procured via PPP. He himself is a pious Muslim. In the lecture, he briefly explained the history and culture, ethnicity and religion, and general economic outlook of Malaysia as well as its public infrastructure market and Halal industries, which have been undergoing rapid expansion across Asia.

The lecture was attended by not only Japanese students but also students from the Republic of South Africa, Mozambique and Namibia, who have been scholarshipped through ABE initiative, (a scholarship programme for African undergraduate students launched by the prime minster Shinzo Abe), Malaysia, Vietnam, China, and Indonesia. The whole of the lecture was provided in English.

Students were intrigued by Malaysia, as a multiethnic colorful state where Malays, Chinese, Indian and other ethnic minorities coexist in peace and harmony. During Q&A session, questions on such as the meaning of "integration" in the context of Malaysia, the role of young generations for Malaysia to fully join the league of developed countries, Muslims in Malaysia etc. were asked, which was followed by a lively discussion among them.

In its future plan, Toyo University intends to sign a partnership agreement with IIUM and further deepen its academic tie of two universities through exchanges of teachers and students from next year and onwards. Moreover, APPPI seeks to assist Malaysia in promoting its regional development as well as Japanese companies in advancing in Malaysia in close partnership with IIUM.

 1 1

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)