ページの先頭です。
  1. トップページ >
  2. 研究活動・社会貢献 >
  3. 研究所・センター >
  4. アジアPPP研究所 >
  5. 南アフリカ共和国財務省職員向けのPPP短期セミナーを実施しました

南アフリカ共和国財務省職員向けのPPP短期セミナーを実施しました

English

南アフリカ共和国財務省職員向けのPPP短期セミナーを実施

国際協力機構(JICA)の技術協力支援プロジェクトで日本に招聘されている南アフリカ共和国財務省及び自治体職員計8名が5月26日に東洋大学PPPスクールを訪れ、公民連携(PPP)関連のセミナーに参加しました。

セミナーは二部で構成され、一部ではPPP研究センターの根本教授が日本のPPP制度やPPP市場の発展についての最新事情を説明されました。具体的には、指定管理者制度や空港・道路プロジェクトへのコンセッションの導入、PPP案件促進のための政府による支援策、また、20万人以上の人口規模の地方自治体にPPP/PFIの優先的導入を促す「PPP/PFI優先的検討事項」について説明されました。また、老朽化する日本の公共インフラ事情について説明され、PPP研究センターが取り組んでいる老朽化への具体的な対応策や、老朽化に起因する人身事故を未然に防ぐために実際に導入されている日本の最新技術などについても紹介されました。さらには、2016年4月に起こった熊本地震による公共施設への被害状況についても概説されました。

二部のセミナーでは、アジアPPP研究所所長のサム田渕教授より、APPPIの活動紹介として日本やアジアの国々において実施した地域再生支援プログラムについて説明を行いました。日本の事例では、地域再生支援プログラムで実際にPPPプロジェクトとして実を結んだ岩手県の紫波町における「オガール紫波」プロジェクトの紹介を行いました。さらに海外の事例では、2011年9月に実施したフィリピン共和国ミンダナオ州ブトワン市でのPPP可能性調査とその後に実を結んだPPPプロジェクトの展開、2016年2月に実施したマレーシア共和国ケダ州におけるPPP可能性調査について説明され、ご自身の数十年の経験に基づいた理論でもある、その地域のレモン(開発のポテンシャル)を見つけてレモネード(付加価値)を作る手法とPPPの地域再生支援ツールとしてのポテンシャルについてについて説明されました。その他、イギリスやフランス、アメリカにおけるPPP事情についても触れられました。

その後の質疑応答セッションでは、参加者からは、日本のPFIにおけるValue For Money(VFM)の考え方や、指定管理者と他のPPPスキームとの違い、PPPプロジェクト実現させるために必要な要素等に関する質問がなされ、活発な議論になりました。例えば、参加者からは公共セクターが民間セクターのマインドセットを理解することの重要性や、市民を巻き込んでPPPプロジェクトに対する意思決定やコンセンサスを形成することの必要性などの高度な質問がなされ、参加者のPPPに関する習熟度の高さをうかがわせる一面もありました。

最後に、サム田渕教授より、アフリカ大陸一の経済大国として南アフリカ共和国におけるPPPセクターの将来を担い、更なる経済発展をけん引するリーダーとして参加者全員にエールが送られました。

1         1

Officials from the Ministry of Finance from the Republic of South Africa visited Toyo University

A delegated team of 8 South African officials from the Ministry of Finance and local municipalities visited Toyo PPP graduate school and attended the PPP seminar on May 26, 2016. The seminar consisted of two sections; one provided by Prof. Yuji Nemoto, a head of PPP Institute, and the other given by Prof. Sam Tabuchi, a head of Asia PPP Institute of Toyo University.

In the first seminar, Prof. Nemoto presented an overview of the latest development of PPP circumstances in Japan. More precisely, he lectured about a rising number of adoption of designated manager system into Japan’s local governments, introduction of concession-based PPP schemes in the field of toll road and airport projects, a number of government support programmes to promote PPP, and a Japanese version of “universal testing,” which urges Japan’s local governments with population of over 200,000 to consider adopting PPP/PFI methods in development/updating of their public assets. Besides, the professor displayed an ongoing major issue of Japan’s rapidly aging infrastructures, and as concrete measures to tackle the issue, a couple of examples of Japan’s state-of-the-art technologies were shown to stave off fatal accidents resulting from decaying public infrastructures. Furthermore, he explained about the damages caused to the public infrastructures by a series of gigantic earthquakes which struck Kumamoto area in April 2016.

In the second seminar, Prof. Tabuchi presented a concept of the regional development support programme (RDSP) conducted both in Japan and South-East Asian countries as part of research activities of Asia PPP Institute (APPPI). As an example of the RDSP studies in Japan, “Ogal Shiwa,” a successful PPP project implemented in Shiwa town of Iwate prefecture was displayed. Then, he went into details on the RDSP study carried out in Butuan city in the Philippines in 2011, which was successfully developed into a number of small-sized PPP projects, and the latest one in Kedah state of Malayisa in 2016, based on his theory of “from lemon (potential for development) to lemonade (added value)” through decades of his experience in the field of regional development activities.

Followed by the seminar session was a lively Q&A discussion among the participants, such as a difference between designated manager system and other PPP schemes in Japan, a concept of VFM in Japan’s PPP, and indispensable elements leading to successful PPP projects. The session revealed a high degree of understanding of PPP concepts among the participants as discussion dealt with significance of mutual understanding between public and private sectors, necessity of involvement of citizens in decision-making and consensus-building process of PPP and so forth.

The entire session ended with a cheering message from Prof. Tabuchi to the participants, who will lead further development of Africa’s biggest economy, South Africa, through promotion and successful implementation of PPP.

1    1    1